ヒンディー語 8月中にやったこと

この夏からデーヴァナーガリー文字練習帳をはじめて、一冊目が終わりました。
まだ全ての文字を完全には覚えていませんが、ちょっとだけ読めるようになり楽しくなってきました。

アジア語学紀行」も一通り復習しましたが、覚えていたフレーズもあって楽しく勉強できました。

この番組の中で、映画がテーマの課では、シャー・ルク・カーン主演の映画「オム シャンティ オム」を映画館で観るという設定でした。
この映画も観ましたが、好きな映画の一つです。

今度はこのテキストのフレーズをノートに書いてみようと思います。

DVDのヒンディー語教材で勉強していたため、インド映画はあまり観ませんでした。

画像


インド映画と言えば、俳優のアニール・カプールが、アメリカのドラマ「24」ファイナルシーズンに出ていたので、驚きました。

この秋はたくさんインド映画を観たいと思います。ヒンディー映画だけでなく、タミル映画やテルグ映画も含めて。

Thank you for reading.
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村



インド—ヒンディー語+英語 (イラスト会話ブック—アジア)
ジェイティビィパブリッシング
大田垣 晴子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インド—ヒンディー語+英語 (イラスト会話ブック—アジア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

west32
2011年09月01日 23:18
あれ?「アジア語楽紀行」にOm Shanti Om 出ていましたか!!実は私先日インドに行ったときにこのDVDを買ってきました。シャー・ルク・カーンとディピカの現代と過去の二役面白かったです。

ディーバナーガリー文字は私は書くよりまだ読むので精一杯です。でもレイラさんのように色々書いていけば面白そうだなぁと思います。今度の受験が終わったら、ディーバナーガリー文字の学習もまた考えてみたいです。
(映画のトラバ、あとでしますのでよろしく)
2011年09月02日 08:40
10課で「何という映画が上映されていますか?」のところです。

インドの良いお土産ですね。
west32@映画
2011年09月02日 20:44
10課で映画の話題が出ていたのは覚えています。
「コン シクン サル フィルム ハエ?」だったけ?
「どんな映画を上映していますか?」というような意味だったと思います。

....でも映画がなんだったか?あまり注意していませんでした。大看板の写真があったと思いますが、映画タイトルには気づいていないです。

PS トラバの件、混乱させて申し訳ありませんでした。私はwebryのサイトは初稿用で、正式ブログは各テーマ(映画、本、学び・・・)毎に別のサイトで作っています。今回のトラバは「映画」のブログからさせて頂きました。
2011年09月03日 09:10
テキストのカタカナ表記は、「カォーンスィー フィルム チャル ラヒー ハェー?」となっていました。

トラバの件、わかりました。
Салют(サリュート)
2011年09月03日 13:20
インド映画だと,『踊るマハラジャ』しか見てないですね。あれ,タミル語の映画でした。
映画の中で,確か「タミル語じゃないので,わからない。」というようなセリフが印象的でした。同じ国の中なのに,言語が違うなんて,日本人だと感覚的にわかんないですね(^^;;
2011年09月03日 21:04
そうですね。方言とかじゃないですから。
タミル語は、トラヴィダ系言語なので、ヒンディーとは全然違う言語です。
ヒンディーはインドヨーロッパ語族でペルシャ語とちょっと似ています。

この記事へのトラックバック

  • <DVD> OM SHANTI OM

    Excerpt: 「ボリウッドの憧れシャンティーへの想い生まれ変わっても追い続け」 インドで買ってきたDVD♪これは典型的なボリウッドムービーでお買い得とのこと。Rs149つまり約300円。30年前のボリ.. Weblog: westさんに映画を racked: 2011-09-01 23:19