アイシュワリヤの映画「ロボット」

今話題のインド映画、「ロボット」が上映中です。
日本版の特別編集だそうです。

公式サイトはこちら

映画.comの記事によると、好調で大ヒット目標達成の見込みだそうです。

アイシュワリヤ(サナ)とラジニカント(博士、ロボットの2役)というのが面白い。

アイシュワリヤがちょっと太ったかなという時期で、一方ラジニは、妙に若くなっていて(ムトゥ踊るマハラジャの時より若く見える)、お腹が引っ込んでるので驚きました


この映画は「ワケわからんが面白い」そうです。


面白いですけど、ロボットが2回も分解されてかわいそうでした。

サナ(アイシュワリヤ)が泣くシーンでは、見ていて涙が出ちゃいます。


やっぱりアイシュは綺麗で、見とれてしまいましたよ~。

変な衣装で変なダンスでも、やっぱり綺麗。

マチュピチュ(?)をバックに踊っているところ(インド版1:24:30あたり)が特に変な衣装とダンス。

そのダンスシーンのアイシュが下着を着け忘れた?という話は嘘です。
影のせいで、なんかに見えるだけ。
もしそうなら、アイシュはわいせつ物陳列罪で逮捕されているはず。


インド版はこちらで観られますが、英語字幕はありません。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村








【インドとアジアの印刷物】 アイシュワリヤ・ラーイ
tirakita

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【インドとアジアの印刷物】 アイシュワリヤ・ラーイ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック