テーマ:スペイン語

旅の災難?とんでもない事がいくつかあった

日曜日夜にブエノス・アイレスを出発し、成田に着くのは火曜日夕方。こんなに移動の時間がかかると座っているのが飽きてくるし、運動不足でまた太りそう。 機内食のディナーは、メインが「ラム・コフタ」か「グリルド・サーモン」。 旅行中肉ばかり食べ続けたので、サーモンにしました。 パンやデザートなどはパス。 ハイネケンをを頼んだので…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(14)レコレータとバリオ・ノルテ

ついにアルゼンチン旅行の最後の日となりました。 レコレータ地区をのんびり散策しても帰りのフライトは夕方なので時間があります。 ホテルのビュッフェで、朝食をとりました。 クロワッサン1コとハム2枚、ヨーグルト、オレンジジュース。 このヨーグルトは、インドの??? Dahiは、ヒンディー語でヨーグルトのこと。ていうか、ダヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(13)ブエノス・アイレス フロリダ通り 

プエルト・マデーロのヒルトンに戻り、荷物を置いて一息。 快適でホッとします。 その日の予定はカフェ・トルトーニでお昼にして、買い物をすること。 カフェ・トルトーニへもう一度行きたかった~。 このテーブルにしました。 バタフライ(お肉を開いて焼いたもので、形が蝶々みたいだからそう言うらしい)を注文。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(12) コロニアからフェリーでブエノス・アイレスに 

コロニア・デル・サクラメントから再びブエノス・アイレスに戻ります。 午前中にフェリーに乗り、昼頃到着予定。 さようなら、コロニア。 コロニアは平和でのんびりした良いところ。小さい町なので一週間いたら飽きるのではないかと思います。 ブエノス・アイレスのほうが刺激的なので、一ヶ月ぐらいいられたらいいなと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(11)コロニアのレストラン

ウルグアイはビールがいつもおいしい。よく冷えている。しかも大きい。 お気に入りはこの大きい瓶ビール。「ピルゼン」というブランド。 ビールはあまり好きじゃなかったのですが、スペインで飲むようになっちゃった。 バルでコーヒーより安いし、ちょっとしたおつまみ一皿(ポテトサラダ、ソーセージ、ブルスケッタ、オリーブなど店によりそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(10) コロニア観光、買い物

コロニア・デル・サクラメントはスペインの植民地になる前、ポルトガルの貿易港として発展した歴史の古い町で、旧市街は世界遺産に登録されています。 メインストリートは、アベニダ・ヘネラル・フローレス。 その突き当たりが、マヨール広場で灯台はすぐそこ。 眺めが良いレストラン。 今夜ここで食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(8)コロニア・デル・サクラメントに到着

コロニア・デル・サクラメントのターミナルには、観光案内や荷物預かり所があります。 観光案内の職員は、にこやかに迎えてくれて、なんだかワクワクしてきました。 地図をもらって旧市街へ向かいました。 お腹ペコペコですぐにランチにしたくて、入ったところはホテル・イタリアーノ。 豪華で素敵なホテルです。 受付の女性がレス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(7) ティグレからウルグアイへ

ティグレからフェリーでウルグアイのカルメロ(サン・アントニオ)へ行きました。 「昨日のクルーズは無駄だったかも…」 もし、ブエノスアイレスから電車でティグレへ日帰りするなら、クルーズも良かったかも知れません。 フェリーで移動するなら、行かなくても良かった。 カルメロまでのフェリーのチケットは前日に買っておきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(3) タンゴ・ショー

夜は El VIejo Almacenのタンゴ・ショーに行きました。 着くのが早すぎました。 入り口で名前を言い、席に着きました。 完全予約制のようで、席には名札が置かれていて、前で真ん中の良い席だったので満足でした。 時間になるとほぼ満席になり、少し窮屈な感じになりそうでしたが、隣の席がキャンセルになって私達はゆっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチン・ウルグアイ旅行記(2)セントロ観光~カフェ・トルトーニ

セントロ観光はサン・マルティン広場からスタートしました。写真はサン・マルティン騎馬像。 ホテルで観光マップをもらい、サン・マルティン広場へはタクシーで行きました。 ホテルから乗るのはちゃんとしたタクシーなので安心です。 タクシーのプロピーナ(チップ)はガイドブックには不要と書いてありましたが、渡していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米旅行 治安について

南米のイメージは「治安が悪い危険なところ」なのですが、今回の旅行は比較的治安が良いと言われているアルゼンチンのブエノスアイレスに行ってきました。 宿泊はプエルトマデーロ。治安が良く、夜の外出はまるで横浜の赤レンガ倉庫のあたりにいるようにゆったりと過ごすことができました。 横浜はヨッパライや大声で話す人たちがいるから怖いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン語圏を旅行したい

長いこと語学学習もせず、何やってんだか…というレイラです。忙しくて自分はどこ??? こんな状態なので、リフレッシュのためスペイン語圏へ1週間~10日ぐらい、あまり移動しないでのんびり旅行したい。 パスポートは夏休みに漠然と「いつかどこかへ旅行したいな~」と思い、戸籍抄本をもらったついでに頼みました。 期限切れだったし、3冊目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米テレノベラ (ラテンアメリカ スペイン語テレビドラマ)

「エンジェル~天使のような反逆者」、「ディアナ~禁断の罠」、「ビクトリア~復讐の嵐」の日本語字幕付が、GyaO!で何話か無料で楽しめます。 ストーリーはどれも似たようなものですが、見てはいけない物を見ちゃうような、必ず出てくる意地悪な登場人物が何をするのかハラハラしながら観るのがおもしろい。 観る時は、電子辞書を用意して聞き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン語探偵小説Lola Lagoシリーズの登場人物 ①マルガリータについて

テキーラベースのカクテルと同じ名前マルガリータ。 トマトとバジルのピザはマルゲリータ。イタリア王妃の名前。 英語ではマーガレット。サッチャー女史を思い出します。 このLola Lagoシリーズの登場人物、マルガリータはロラの秘書。 Vacasiones al solのはじめのところで、ロラが ¡Margat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチンのベリーダンサー

大好きなサイーダは、シリア系アルゼンチン人のダンサー。 アラビア語でSaidaは、 سعيدة サイーダは、アルゼンチンのブエノス・アイレス生まれ。 サイーダの父親は、シリア系アルゼンチン人2世、母親も8歳でアルゼンチンに移住したシリア人。 アルゼンチンは、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月にやったこと☆スペイン語・アラビア語・ヒンディー語・英語

今月やろうと思っていたことは、7月のスペイン語講義の復習、Lola Lagoシリーズの本を読むこと、文法チェックなどでした。実際何をしたのか、スペイン語、英語、ヒンディー語、アラビア語についてまとめてみます。 スペイン語 講義の復習、Lola Lagoシリーズ全部CDを聴きながら読み、ニューエクスプレスで文法のチェックを終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の習慣

今日はたまたまNHKラジオ「アンコールまいにちスペイン語」を聴きました。 福嶌教隆先生の「生きた会話」塾。 ♪ア~デランタンド ボイ…のオープニングで番組が始まります。 歌詞はこちら↓ http://letras.terra.com/jarabe-de-palo/971201/# 今日の表現は「間違いでなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎のアラビア語からのスペイン語

Ojaláがアラビア語源だと言うことは、大部分のスペイン語学習者は知っています。 では、アラビア語の何がojaláのもとなのでしょうか。 願望文ojalá (発音はohala、オジャラではありません。)は、分解するとoj-aláで、もっと正確には was sa lla…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スペイン語文法の確認

スペイン語文法を猛スピード復習するために「ニューエクスプレス・スペイン語」をやりました。 この本の著者は人気の福嶌教隆先生で、CD吹き込みはスペイン人らしさ100%のguapaベゴーニャさん。 スペイン語ニューエクスプレスは、「実用的なスペイン語を超高速でマスターするための手引き」とまえがきに書いてあり、「ゼロからスター…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スペイン語で読む探偵小説

Lola Lagoという女性の探偵が主人公のスペイン語探偵小説で、CD付き。 そのCDがとても良くて、ナチュラルスピード(スペインのスペイン語)。 会話部分がイキイキとしていて、良い表現がたくさん出てきます。 Vacaciones al sol と Poderoso caballeroは、放送大学の面接授業の教材で…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

イタリア語っぽいスペイン語

アルゼンチンデーの公開講座で、アルゼンチンのスペイン語についての話が興味深かったです。 アルゼンチンは、他のラテンアメリカ諸国とは違って先住民の人口が少なく、白人が97%、メスチソ(白人と先住民の混血)3%で、イタリアからの移民が一番多い。 そのせいか、スペイン語がイタリア語っぽいです。 ララララーラ♪みたいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゼンチンデーに行ってきた

国際言語文化アカデミアのアルゼンチン・デーに行ってきました。 「知られざるアルゼンチン」という公開講座とアルゼンチン料理・ワインを楽しみました。 アルゼンチンワインは、Malbec(マルベック)という品種で作られた赤ワインが有名です。 色が濃く香りが豊潤なのが特徴で、アルゼンチンの肉料理によく合い、ポリフェノールを特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Taco Rice

沖縄料理と言えば、ラフテー、ミヌダル、ゴーヤチャンプルー、中身汁、ミミガ-、スーチカ、ソーキそば。 タコライスは、Tex-Mex料理かと思っていたら、沖縄料理ですって。 テックス・メックス料理とは、メキシコ風のアメリカ料理のこと。 TGIF(フライデー、Thank god, It's Fridayとかの略)にあるようなナチョス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欲しい辞書2

欲しいものがまた増えて困っています。 小学館のスペイン語辞書第2版が、新発売のエクスワードに入っているんです。 しかも安い。 カシオのホームページはこちら CASIO Ex-word 電子辞書 スペイン語モデル 100コンテンツ・2000文学作品・クラシック1000フレーズ収録 ツインカラー液晶 EX-VOICE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欲しい辞書

8万語収録のスペイン語の辞書で、全スペイン語圏をカバー、新語満載の本格派。中南米の発音も併記されているとのこと。 早速アマゾンのレビューを読むと、第2版となっているが、編者も一変しており、まったく新しい辞書と考えてもよいそうです。 小学館 西和中辞典〔第2版〕小学館 Amazonアソシエイト by でもよく調べて…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

国際学生証 

昨日の復習は、マドリッド。マドリッドと言えば美術館めぐりが楽しいですね。 マドリッドには、スペインの美術館御三家、 Museo del Prado (プラド美術館) http://www.museodelprado.es/ Museo Thyssen-Bornemiza (ティッセン・ボルネ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Repaso 4 音読の反省

今日もスペイン語本文を音読し、単語の確認。1日これだけで終わってしまい、他の勉強はできませんでした。 普段は、リスニング中心でさっと読むだけの勉強しかしていなかったから、たまにはのんびり、こんなやり方も良いかなと。 新しい単語は、100語ぐらいでした。 電子辞書のヒストリー機能で、隙間時間に復習してできるだけ覚えるようにします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン語講読 Repaso 3

ラテン語からCastellanoをAlfonso10世が公用語としたのがスペイン語。 そして今、スペイン語は国連公用語であるだけなく、ラテンアメリカの共通語で20ヶ国以上の国で話され、その話者数は4億2千万人。 スペインではCastellanoが標準語ですが、それではスペイン語の標準語って何でしょう? スペインよりメキシコの方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スペイン語購読 Repaso 2

Nº2 Cantabria. 2回目は、スペインの北、「緑のスペイン」カンタブリア。 州都はサンタンデール。 Santander Picos de Europa カンタブリアで興味のあるところは、世界遺産アルタミラ洞窟です。 旧石器時代の壁画で、教科書に載っていましたね。 洞窟の天井にバイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more